SDGs取組みレポート ACTIVITY REPORT OF SDGS

  1. TOP
  2. サステナビリティへの取組み
  3. SDGs取組みレポート

学校法人立命館との連携・協力協定

2020.03.20

 立命館大学などを運営する学校法人立命館(京都市中京区、理事長:森島 朋三、以下立命館)と京福電気鉄道株式会社は、地域社会の発展および人材育成への貢献を目指し、2020年3月13日(金)、連携・協力に関する協定を締結しました。

 また京福電気鉄道は協定締結を機に、2020年3月20日(金)より嵐電北野線「等持院」を、「等持院・立命館大学衣笠キャンパス前」に改称しました。

 立命館は、「自由と清新」を建学の精神として、2030年までのビジョン「挑戦をもっと自由に」を掲げ、教育研究活動により、未来の社会と地域文化の創造に寄与していくことを目指しています。

 京福電気鉄道は、「沿線深耕」を経営ビジョンとして、関係先との広範な連携を通じた沿線地域の活性化に取り組み、「地域になくてはならない交通事業者」として社会に貢献していくことを目指しています。

 この連携を機に、産学連携の相乗効果を発揮させ、地域社会の活性化および将来必要とされる人材の育成に貢献するため、両者で協力していきます。

【連携・協力協定の主な内容】
(1)学術研究、教育、健康、スポーツ、地域文化伝統等の継承と振興・発展に関すること

(2)地域貢献に関すること (3)魅力あるまちづくり及び観光振興の推進に関すること

(4)SDGs推進に関すること (5)人材の育成に関すること

(協定書に調印した立命館森島理事長(左)、京福電気鉄道大塚社長。京都市中京区の立命館本部)