SDGs取組みレポート ACTIVITY REPORT OF SDGS

  1. TOP
  2. サステナビリティへの取組み
  3. SDGs取組みレポート

京福電気鉄道株式会社「京都市街路樹サポーター」としての活動

2022.05.15

 京都市は2017年度から「どこを見ても庭園のように設えられている」緑の文化首都・京都を目指し、京都の庭園文化を活かしつつ、雨水を一時的に貯留し、ゆっくり地中に浸透させる構造を持った緑の空間「雨庭」を整備しています。

「雨庭」は雨水流出抑制の効果に加え、修景・緑化、水質浄化、ヒートアイランド現象の緩和などの効果も期待されています。

2022年3月、北野白梅町交差点周辺(京都市北区北野下白梅町)で、中低木・地被類植栽・州浜・景石などを整備した「雨庭」が完成しました。

3月に完成した北野白梅町駅周辺の雨庭

 また、京都市は市民の皆様と京都市が共に汗して、街路樹がすこやかに生育するよう、街路樹とその周辺部の美化や緑化に取り組む「京都市街路樹サポーター制度」を推進しています。同サポーターの活動内容は、落ち葉清掃や除草など、街路樹とその周辺部の美化活動だけでなく、街路樹の落下枝、病虫害等に関する京都市への情報提供なども求められます。

 京福電気鉄道株式会社は、2022年4月に同サポーターとして申請・登録し、この度完成した北野線 北野白梅町駅周辺の西大路通り西側の「雨庭」において、駅務員が日常的に落ち葉回収などの清掃活動を行っています。